いまさら聞けない赤ちゃんの熱中症対策のポイント

室内でも赤ちゃんは熱中症になる可能性があります。

梅雨から夏にかけては、室内の温度や湿度が一番高くなるので、赤ちゃんや小さい子供は熱中症にかかり易いとても心配な季節です。

直接日光を浴びない室内でも注意しなければなりません。

熱中症は夏風邪と違いママ&パパが赤ちゃんの環境を配慮することによって防げます。
熱中症を予防する赤ちゃんや小さい子供部屋作りのために、温度・湿度・日差しを適切に管理することが大切です。

赤ちゃんに最適な温度と湿度とは?

赤ちゃんにとって心地のいい温度は、18度~26度、室温は40~60%と言われています。

しかし、エアコンのリモコンに表示される設定温度は目安と考え、エアコンの冷たい風、扇風機の風が赤ちゃんや小さい子供に直接あたらないように、赤ちゃんの快適なスペースを作ってあげましょう。

また、汗で濡れた服を着せていると風邪を引いてしまいますから、こまめに肌着を交換してくださいね。いくら暑くても裸のまま過ごさせるのはNGですよ!

大人の想像よりもベビーカーの中は高温です

実は大人が感じる体感温度よりも、ベビーカーに乗ってる赤ちゃんの方がアスファルトなどの路面が近いので、照り返しの熱の影響で高温になりやすいです。

一般的なシート高38cmのベビーカーとシート高50cmのベビーカーでは、ベビーカーの受ける熱が約2度違うという調査結果も出ています

引用:楽天リサーチ株式会社

ベビーカーを買おうと思っている方は、ちょっと値段が高くても地面からの高さを考慮して、ハイシートタイプのベビーカーを選ぶことをおすすめします。

【BABYZEN(ベビーゼン)】yoyo 4+

『VERY』や『ELLE MAMAN』でも紹介。
簡単ステップであっという間に3つ折りにできる使い勝手とフランス生まれのスタイリッシュなデザインのバギー

動画をみれば一目瞭然!ママでも簡単操作▶

【BABYZEN(ベビーゼン)】yoyo 4+

確かな品質と安定の走行性!コンパクトに折りたためて自立します。

いつもとは違う少し遠くの公園に行きたくなります▶

赤ちゃんへの水分補給、どうすればいいの?

まだうまくコミュニケーションがとれない赤ちゃん…
大人と違い、赤ちゃんは泣くことでしか表現できないので、赤ちゃんの「水分不足のサイン」を見逃さずに、水分を与える時はこまめに飲ませてあげてください。場合によっては病院に連れて行ってあげましょう。

  • ・たくさん汗をかいている
  • ・おしっこの量が減っている、6時間以上でていない
  • ・よだれが少ない、口や唇が渇いている

また、外でも母乳やミルクをあげられるように、授乳室をチェックすることが大切ですよ。
赤ちゃんを熱中症から守るため、ママやパパがしっかりケアしてあげてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする